結婚 祝い 封筒 書き方

結婚祝いの封筒の書き方にもマナーがあります

スポンサーリンク

結婚祝いの際に用いる封筒の書き方は、水引がある場合には、水引の上には結婚祝いの旨を記入し、下部に氏名を書きます。
氏名に関しては、結婚祝いを贈る友人の中に同じ苗字の方がいる可能性もあるので、フルネームで書くのが良いです。
また、封筒の中に直接、結婚祝いのお金を包む封筒がある場合にも書き方があります。
包む封筒の裏側に名前や住所、郵便番号などを記入します。
さらに金額も書きますが、書き方として漢数字を用いて下部に書きます。
金額を書く理由は、贈った金額を受け取り側が金額を把握しやすいようにという配慮になります。
そして、最近では水引などが用いられていない封筒も多くなっています。
その際の書き方も基本的には、水引がある場合の通常の封筒と同様の書き方を用いることによって結婚祝いとしてのマナーを守ることが出来ます。
ただし、洋式など特殊な封筒を用いる場合には、様式や贈る相手との間柄に合わせた書き方を行うと良いです。

スポンサーリンク

結婚祝いの封筒について書き方を相談する際は、百貨店が最適です。
百貨店には、冠婚葬祭の専門売り場があり、専門のスタッフが配置されています。
専門のスタッフが常駐していなくてもコンシェルジュなどがおり、冠婚葬祭のマナーについて様々なノウハウがあるので、安心して相談することが出来ます。
相談から結婚祝いの封筒の書き方を年齢や贈る相手との付き合いによって最適な方法を教えてくれます。
さらに宛名に関しては、代筆サービスなどもあるので、活用すると良いです。
そして、百貨店だけでなく、最近は雑貨や文具を扱う専門店でも取り扱っています。
これによって専門の窓口なども設置され、専門に対応するスタッフが配置されているので、気軽に相談することが出来ます。
そして、書き方に関して近年はマナーへの関心が高まっていることによって雑誌や専門書などの書籍にて参考にすることが出来ます。
専門家が監修し、わかりやすく解説されているので、参考情報として役に立ちます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

結婚祝いのお金の入れ方について
結婚祝いのマナーについてです。