結婚祝い 包丁 縁起

結婚祝いで包丁は、縁起が悪いかどうか

スポンサーリンク

友人や知人、親戚など結婚が決まり、披露宴を行い、披露宴に参列する場合は、ご祝儀が必要となりますが、近年、結婚式を挙げない、家族だけの小さなものにしたりと披露宴に参列しないケースもあります。
そんな時、結婚祝いを贈ることがあります。
結婚祝いは、どんなものを贈ったら良いのか悩んでしまいます。
結婚祝いは、縁起の良いものを贈りたい、縁起が悪いものは避けたいと思うものです。
結婚祝いで人気なものの一つにキッチン用品があります。
特に、新婦側の友人に人気となっています。
料理を作る女性にとって新しい、自分ではなかなか買わない高級なものや機能的なものは人気となっています。
そんな中で、包丁を結婚祝いで贈っても良いのか悩む人は多いです。
特に新郎新婦は、気にならなくても、そのご両親が縁起が悪いと毛嫌いしてしまうケースがあります。
しかし、様々な結婚祝いのプレゼントを販売しているお店などでは、包丁を販売しているケースがあります。

スポンサーリンク

包丁などの刃物は、縁を切ると言われており、縁起が悪いものと言われていました。
しかし、包丁は、縁を切ると言う意味合いだけでなく、魔を切るものとも言われており縁起の良いものをイメージできるのです。
また、包丁は、一生ものであるため、永遠の愛を誓う新郎新婦にとってとても良い結婚祝いなのです。
しかし、縁起が悪いと考えられていることもあるため、包丁は、避けられがちですが、包丁を贈ったら、新郎新婦から、1円でも良いからそのお金をもらうのです。
そうしたら、贈り物ではなく、購入品になるため、プレゼントしたことにならないのです。
ヨーロッパなどでは、縁起の悪いと言われているものでもお金を渡すことで解決すると言われています。
新しい門出に縁起が良い、悪いを考えることは、とても大切なことです。
しかし、それだけを考えて結婚祝いを贈るのではなく、お祝いしたいという気待ち、新郎新婦が喜ぶもの、欲しいものを贈ることが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加