結婚祝い カタログギフト 失礼

カタログギフトは結婚祝いに失礼にはならない

スポンサーリンク

最近のブライダル事情として、結婚祝いの品物にカタログを贈るケースが定着化しています。
ですが賛否両論あり、品物ではないために失礼にあたる意見も事実上あります。
とあるアンケート結果では、ギフトショップにも結婚祝い用のカタログギフトも存在し、本当に必要なモノが貰える点からもマナー違反ではない意見もあります。
商品券や現金など、リアルに金額が相手に分からない利点も評価されています。
その他の意見には、結婚祝いのお返しとしてカタログが選ばれているため、難色を示す声もあります。
結婚祝いにカタログが失礼にあたるのか、これまで大勢の人に対して同額のお返しの品物として用いられてきたことも関連性として挙げられています。
手抜きをせず、2人のことを想いながら選ぶ行為が印象を左右するケースも実情です。
結婚祝いにカタログギフトを贈ることは失礼にはならないものの、違和感を感じる人がいるため、選んだ理由・意味をメッセージなどにまとめ、伝える一工夫も大事です。
一方的な願望を込めた結婚祝いより、性格や趣味などを考えて贈るカタログであれば問題はないケースが受け取る側の本音として見聞きされています。

スポンサーリンク

カタログギフトに好みに合うものがない、味気ないなどの失礼な意見は近年減少しています。
結婚祝いにもカタログが選ばれるようになり、商品数やコース、価格などのバリエーションやクオリティは高い傾向です。
失礼を承知でカタログギフトを結婚祝いに選ぶ人は意外にも少なく、今では中身をチェックできるために品物同等に喜ばれる贈り物です。
晩婚化の影響から、年上のご夫婦に失礼にあたる品物と受け取られやすいものの、目上の方へのマナー違反とはなりにくいのが近年のカタログギフトの特徴です。
というのも、特別感やブランド、体験型などのカタログが選ばれているためです。
結婚祝いを贈る相手に対し、予算相場となるのは友人や同僚には3千円から1万円、目上の方へは2万円から3万円程度と言われています。
グルメや食べ物のカタログギフトは、全国や名店、希少価値などの特別感がポイントです。
また目上のご夫婦には体験型となる癒やしの温泉地巡り、周遊ランチクルーズ体験など、2人で楽しめるカタログギフトが選定されています。
もちろん、予算も失礼に該当しない価格帯から選べるのも利点です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加