結婚祝い 割れ物

結婚祝いに割れ物はマナー違反

スポンサーリンク

親しい人が結婚するから結婚祝いとして現金や品物を贈りたいけど、色々とマナーがありそうで何を選んでいいのかわからない、そんな人もいるのではないでしょうか。
実際結婚という慶事においても色々とマナーはあるもので、結婚祝いにも現金はいくらがいいとか、品物はこういったものがだめとか、色々とあります。
面倒くさいと感じるかもしれませんが、結婚する新郎新婦にとっては一生に一度の晴れの舞台ですから、なるべく縁起良くするというのは二人の門出を祝うという意味でも大切なことです。
よほど親しければ別ですが、マナーをまったく無視した結婚祝いをもらったら、本当にお祝いする気持ちがあるのだろうかと勘繰られてしまうかもしれません。
結婚祝いとして大切なのは、相手が喜ぶものであることです。
そして同時に縁起がいいという事も重要な要素です。
結婚を機に新生活を始めるという人も多いですから、相手が喜ぶものという事で新しい食器をプレゼントしようと思う人もいるかもしれません。
ところがこの食器、実は結婚祝いでは避けるべきものの代表格なのです。

スポンサーリンク

結婚祝いで避けるべきとされているのは、刃物と割れ物です。
どちらも生活必需品ですから、普段であれば喜ばれる品物です。
ところが刃物は物を切るところから縁を切るに、割れ物は夫婦の仲が割れるということから結婚祝いとしては避けられるのです。
刃物は良く知られているのでわざわざ選ぶ人はいないでしょうが、割れ物に関しては意外と知られていません。
そもそも結婚式の引き出物として食器などの割れ物が用意されることも多いので、割れ物が避けるべきものという印象が薄いのかもしれません。
事実、最近では割れ物も結婚祝いとして贈る場合が増えています。
とはいえもし割れ物を贈りたいというのであれば、事前に相手に連絡をとって確認をとったほうがいいでしょう。
この場合結婚祝いとして食器を贈りたいけど大丈夫か、というような贈る事を前提とした確認は避けましょう。
お祝いの品というのは、いらないと思っても断りにくいものです。
いくつかある候補の中の一つとして、食器という選択肢もあるという事で話を進めると相手に余計な負担をかけずに済みます。
そこで食器などもいいという話になったら、割れ物についての確認をとり、良ければこれを贈るというのが自然な流れでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加