結婚祝い お金 入れ方

結婚祝いのお金の入れ方について

スポンサーリンク

 結婚祝いに使用するご祝儀袋には、通常袋タイプの中袋がついています。
中袋へのお金の入れ方については、お札の肖像画がある方を上にして入れるのが、結婚祝いのお金の入れ方となります。
また、結婚祝いに使用するお金は、新札を用意して入れるのがマナーとなります。
 ちなみに、お札には表と裏があり、肖像画が描かれている方が表、肖像画が描かれていない方が裏となります。
そして、結婚祝いなどでご祝儀袋にお金を入れる際には、前述しましたように、お札の表が上側になるように入れましょう。
また、お札の枚数が2枚以上になる場合には、すべてお札の向きを同じになるようにして中袋に入れるのが、正しいお金の入れ方となります。
 結婚祝いのご祝儀袋の中袋には、表面に金額を書きます。
金額の書き方についても決まりがありますし、中に入れるお金の金額に決まりはありませんが、NGとされている金額はあります。
慶事には「4=死」、「9=苦」に通じることから、縁起を担いで4万円、9万円という金額はNGとなります。

スポンサーリンク

 結婚祝いのご祝儀袋の中袋の書き方についてご紹介します。
中袋の表面の中央に、漢数字で包んだ金額を縦に書きます。
その際に使用する筆記用具は、毛筆もしくは筆ペンを使用します。
中袋の裏面には、左下に住所と氏名を書きます。
お札の入れ方については、前述しましたように、中袋を開いた時にお札の表が上になるように入れます。
お金の入れ忘れがないように、中袋に正しい入れ方でお札を入れてから、表裏面を書くようにしましょう。
 市販のご祝儀袋には、金額や住所、氏名を記入する欄が印刷されているものも少なくありません。
印刷されているものを使用する際には、記入欄にあわせて書くようにします。
中袋はのり付けする必要はないのですが、始めから「封」と印刷されているものに関しては、のりで封かんするようにします。
 結婚祝いのご祝儀袋への紙幣の入れ方については、表裏面以外でのマナーとして、紙幣に描かれている人物が最初に出る向きに入れるのが正しい入れ方となります。
中袋の表面と紙幣の人物が描かれている表面を合わせて、尚且つ肖像画が最初に出る向きに入れるようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

結婚祝いの封筒の書き方にもマナーがあります
結婚祝いのマナーについてです。