結婚祝い 相場 部下

結婚祝いを部下に贈る場合の金額の相場について

スポンサーリンク

 結婚祝いのご祝儀の金額の相場としては、一般的には3万円が基本とされています。
この金額の内訳としては披露宴の席代・飲食代・引き出物代に加えてお祝いの気持ちの合計とされています。
ただし3万円という金額はあくまで普通の友人に、渡す場合の相場で、相手との関係性によってこの金額の相場は変わってくるため気を付けましょう。
また結婚祝いを贈る場合には、さまざまなマナーが存在するため、気を付けましょう。
たとえば会社関係の相手である上司や部下、社長や取引先の相手などに渡す場合には、相場は一般的な30,000円で問題ありません。
5万〜8万円程度を贈る場合もあります。
これは会社の規模によっても違います。
小さな会社で上司や部下が毎日顔を合わせるような関係なら少し多めの場合が多いようです。
逆に規模が大きい会社で上司や部下などとほとんど面識がないような状態で、形式的に招待されたというような状態ならば5万円程度を贈るケースが多いようです。
3万円程度でも問題はありませんが、大きな会社の場合だと少し少ないと感じてしまう傾向にあるようです。

スポンサーリンク

結婚祝いを贈る際の金額の相場は相手との関係性によって変わってきます。
近しい間柄の相手ほど金額の相場は大きくなります。
また友人や会社関係の上司や部下などに連名で結婚祝いを贈る場合もあります。
結婚祝いを贈る場合にもさまざまなマナーが存在します。
あらかじめきちんと情報を調べて、相手に不快な思いをさせないように気を付けましょう。
会社関連の相手に結婚祝いを贈る場合の金額の相場としては、同僚が相手の場合には3万円程度、部下の場合には3万円程度、上司の場合には2万〜3万円程度とされています。
また贈る側の年齢によってもこの金額は変わってきます。
特に会社関係の上司や部下などに結婚祝いなどでお祝いを贈る場合にはマナー違反がないように気を付けましょう。
マナー違反をしてしまうことで、その後の人間関係においてトラブルを起こしてしまう原因となる可能性もあるため注意しましょう。
職場で上司や部下とトラブルがあるとさまざまな影響が生じる可能性があるため、特に注意しましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加