結婚祝い 両親 相場

両親が子供に渡す結婚祝いの相場と実情

スポンサーリンク

 人生の門出の一つである結婚は、新しい家族ができるため、周囲から多くの祝福を受けます。
その形は様々であり、ライフスタイルや考え方の違いもあるため、結婚祝いの金額は家庭によって異なります。
両親から結婚祝いを受け取る場合、経済状況や双方の話し合い、将来を見据えた考え方が金額に出るケースもあります。
給与が少ない、もしくは年金生活等の場合、経済状況に余裕が出ず結婚祝いがたくさん出ない事もあります。
両親は結婚祝いを渡す気持ちがあっても、家計を見ると無理が生じてしまうため、金額を下げる事になります。
けれども結婚祝いに決まった相場は無いため、たとえ両親が出す祝い金が1万円でも、問題は無いです。
相場に関わらず祝いは気持ちの表れなので、両親が精一杯の気持ちを送れば十分に伝わります。
また余裕がある家庭の場合は、両家の話し合いの末、両親からの祝い金が決まる事もあります。
こちらも決まった相場はありませんが、高額な結婚祝いが予測されます。
相場は判断する時に用いる参考資料の一つですが、相場に縛られず独自で判断する必要があります。

スポンサーリンク

中には両親が1円も出さない結婚祝いもありますが、これも祝福をする一つの形です。
結婚祝いの新しい形の一つで、祝い金は渡さないけれど、その都度に援助はするという意思の表れです。
結婚生活を始めるにあたり、最初に多額の現金を渡すのではなく、必要な時にサポートするという考え方です。
この方法は近年頻繁に用いられており、特に若い世帯にとってはありがたいサポートです。
様々な形がある結婚祝いですが、地域によっては新婦側だけに金銭を要求する事もあります。
新婦側の両親にとっては新しい家族ができ喜ばしい事ですが、新郎側にとっては嫁をもらう感覚だからです。
こちらも相場はありませんが、家具や家電を一式そろえて嫁に来いという昔ながらの風習があります。
相場に関係無く判断する必要があるため、地域情報もチェックしながら慎重に検討する必要があります。
結婚は人生の転機にもなるため、めでたいですが、それぞれに合った方法を模索することが大事です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加