結婚祝い品 相場

結婚祝い品の金額の相場とは

スポンサーリンク

 家族や親戚、友人が結婚をする時に結婚祝い品を贈ることがありますが、結婚祝い品の金額の相場は結婚する相手との関係性によって大きく異なります。
結婚祝い品の金額の相場は親から子へ贈る場合は5万円以上、兄弟へ贈る場合は3万円程度、親戚へ贈る場合は2万円から3万円程度、友人や職場の同僚に贈る場合は1万円から2万円程度とされています。
ただし、自分が結婚した時に相手から結婚祝い品を貰っていた場合はそれと同額くらいのものを贈るのが相場とされています。
なぜなら、貰ったものより極端に低額なものを贈ると相手に失礼ですし、高額過ぎても相手に余計な気を使わせてしまうからです。
結婚祝い品を個人で贈るのではなく、グループ数名でお金を出し合って贈る場合は1人当たりの金額は5,000円程度になるのが相場です。
ただし、この金額の相場はあくまで目安であり、自分の立場や年齢、相手との関係性などによって相場は変わってくるので注意が必要です。
また、結婚式に出席できない場合はグループではなく個人で結婚祝い品を贈るのが一般的とされています。

スポンサーリンク

食べ物や入浴剤などの消えものは縁起が悪いとされているので結婚祝い品としては適していません。
また、ガラス製品や瀬戸物などの割れ物や包丁などの切れものも縁起が悪いとされているので避けた方が無難です。
ただし、最近ではそういったことを気にしない人も増えているので、結婚祝いに高級グルメや食器などを贈る人も増えています。
一般的に結婚祝い品はずっと残るものがよいとされていますが、ずっと残るものでも趣味が合わないものや使わないものを贈ると相手に迷惑になってしまいます。
そのため、相手と親しい関係にある場合は事前にどのようなものが欲しいのかを聞いておく方が無難です。
また、事前に相手にどのようなものが欲しいのかを聞けない場合はデザインなどの好みが分かれにくく、実用的なものを贈るとはずすことは少ないです。
結婚祝い品として人気が高いのは家電やキッチングッズなどです。
これらはデザインの好みが分かれにくいですし、新生活で必要となるので実用性も高いです。
また、これらの金額はピンからキリまであるので相場内で自由に選ぶことができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加