結婚祝い 商品券 相場

結婚祝いに商品券を贈る場合の相場について

スポンサーリンク

 招待された結婚式をさまざまな理由で欠席する場合には、新郎新婦に前もって結婚祝いの品物を贈るケースが多いようです。
結婚祝いを贈る場合には金額の相場や贈ってはいけないもの、贈る時期など様々なマナーが存在するため、あらかじめマナーについての情報を調べて相手に不快な思いをさせないように気を付けましょう。
最近では結婚祝いに品物ではなく現金や商品券などを贈るケースも多いようです。
現金や商品券を結婚祝いとして贈る場合の相場としては5000円から10000円程度をおくる場合が多いようです。
相手が喜ぶものがわからない場合には、使い勝手が良い現金や商品券を贈るケースも珍しくありません。
相手との関係性によって結婚祝いの金額の相場は変わってきます。
また少し遠い間柄の相手に贈る場合には高額だとかえって相手に気を使わせてしまう場合もあるので気を付けましょう。
また現金や商品券を贈る場合には、結婚祝いの品物に添えて贈る場合もあります。

スポンサーリンク

結婚祝いを贈る場合には、さまざまなマナーが存在します。
マナー違反をしてしまうと、その後の人間関係においてトラブルの原因となったりしてしまう可能世もあるため注意しましょう。
たとえば友人に結婚祝いを贈る際には金額の相場は5000〜10000円程度が相場とされています。
あまり高額なものを贈ってもかえって相手に気を使わせてしまう可能性もあるため、この程度を予算の相場と考えましょう。
また贈るものとしては新郎新婦がほしいものやキッチン周りの商品などが定番ですが、相手の好みがわからない場合には現金や商品券などを贈るケースも珍しくありません。
現金や商品券なら使い勝手がよく相手に喜ばれる傾向にあるようです。
現金や商品券だけでは抵抗があるのなら、品物も添えて贈りましょう。
結婚祝いを贈る場合にはただ高額なものを贈ればいいわけではありません。
相場の金額を守り、相手に気を使わせることのないように考えることも重要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

結婚祝いの商品券の金額は、年齢や関係性によって違います
結婚祝いのマナーについてです。
結婚祝いの商品券の送り方にもマナーがあります
結婚祝いのマナーについてです。
結婚祝いに商品券を贈るときの「のし」は
結婚祝いのマナーについてです。
結婚祝いに親しい仲で贈りたい商品券の種類
結婚祝いのマナーについてです。
結婚祝いで商品券郵送を実施する時の注意
結婚祝いのマナーについてです。