結婚祝い 商品券 のし

結婚祝いに商品券を贈るときの「のし」は

スポンサーリンク

本来、結婚祝いの品には、「割れる・壊れる」をイメージさせる食器類や、縁を「切る」ハサミや刃物類はタブーとされています。
しかし昨今では、食器類も選ばれることが多く、相手に喜んでもらえるものであれば気にしないのが一般的です。
食器や調理器具類、またはインテリア雑貨などは、新生活に必要なものであり、結婚祝いとして貰えるとありがたいものではあります。
ですが、もし新居の雰囲気に合わなかったり、趣味に合うものではなかったりすると、せっかく贈っても使われない可能性が出てきてしまうのです。
家族や親しい友人などであれば、事前に欲しいものを聞いて結婚祝いを贈ることもできますが、それほど親しい間柄の人でなければ、なかなか直接尋ねるのは難しいことです。
そして、相手の家に伺ったことが無くインテリアの趣味がわからない場合、または、どのようなものが好きなのかよく知らない場合などであれば、結婚祝いの品選びのハードルは、より一層上がってしまいます。

スポンサーリンク

そこで、近年では、結婚祝いとして商品券を選ぶ人が多くなってきているのです。
商品券であれば、購入する際に、相手に喜んでもらえるかどうか悩む必要がありません。
贈られた側は、自分の好きなものに使えるからです。
また商品券には、特定のグループ会社や提携先で使用できるものから、全国幅広くあらゆるお店などで使えるものもあります。
状況に合わせて選んだ方が良いのですが、相手がよく利用するお店などがわからない場合は、利用可能店舗が多い商品券を選ぶと、「使える場所が近くに無い」といったことを避けられます。
お店等で商品券を買う場合、結婚祝いで贈るなどの用途を伝えれば、ほとんどの所で包装をしてのし紙を付けてくれます。
「のし」とは、のし紙の右上に付いている、のしあわびを簡略化したものを言います。
昔、祝い事には縁起の良い海産物を贈っていた名残りから出来たものです。
結婚祝いの場合、のしの表書きは、「御結婚御祝」または「寿」とします。
のし紙の中央にある水引きは、紅白または金銀の10本の結び切りにし、その下に名入れをします。
また、商品券の金額が多いほど、のし紙も格式の高いものにした方が良いでしょう。
例えば、金額が2万円程までであれば紅白の水引き、3万円以上であれば金銀の水引き、といった具合です。
商品券を販売しているお店によって、扱っているのし紙もそれぞれなので、購入の際に聞いてみると良いでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

結婚祝いの商品券の金額は、年齢や関係性によって違います
結婚祝いのマナーについてです。
結婚祝いに商品券を贈る場合の相場について
結婚祝いのマナーについてです。
結婚祝いの商品券の送り方にもマナーがあります
結婚祝いのマナーについてです。
結婚祝いに親しい仲で贈りたい商品券の種類
結婚祝いのマナーについてです。
結婚祝いで商品券郵送を実施する時の注意
結婚祝いのマナーについてです。