結婚祝い 3000円

結婚祝いで3000円ほどの品物を贈る場合について

スポンサーリンク

現代の結婚祝いでは、一般的には披露宴に参加しなかった場合に品物を贈るということとされています。
そのような場合にはマナー違反がないように注意して、相手に喜ばれるものを贈りましょう。
まず結婚祝いを贈る時期は挙式の1〜2カ月前、遅くとも1週間前までには送り届けることがマナーとされています。
披露宴の日当日に結婚祝いを贈ると相手に手間をかけてしまうので避けましょう。
また贈る相手との関係性によって結婚祝いの金額の相場は違います。
友人や同僚に贈る場合には10000円〜30000円程度、兄弟や親戚なら30000円〜50000円程度、知人・会社などの連名で贈る場合には3000円程度が相場とされています。
連名で3000円程度出し合って贈り物をする場合にはある程度高額なものを贈ることが可能なので、自分たちでは買いにくい贅沢なものなどを贈るケースも多いようです。
注意点として切れる、割れるを連想させるものはタブーとされているので気を付けましょう。

スポンサーリンク

結婚祝いを贈る場合には、相手との関係性によって目安とされる金額の相場が変わってくるので注意が必要です。
たとえば知人・会社などで連名で結婚祝いを贈る場合には3000円〜5000円程度が相場とされています。
連名で贈る場合には一人が出す金額が3000円程度でもある程度高額な品物を贈ることが可能になるので、ある程度高額なものを贈るケースも多いようです。
ただしあまり高額なものを結婚祝いとして贈るとかえって相手に気負わせてしまう場合もあります。
そんな場合は3000円程度の金額でも品格があり、金額が想像しにくいアイテムがおすすめです。
たとえば後に残ることはないけれど記憶に残るような食品、おめでたい鶴と亀のパッケージのもの、縁起を担いだ小皿や薬味入れ、お茶菓子などさまざまなものがあります。
これらのものなら3000円程度で購入することができ、3000円程度とわかりにくい商品が存在します。
マナーを守ることは大切ですが、前提として祝う気持ちが大切です。
高価なものだからいいというわけではありません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加