結婚祝い 商品券 種類

結婚祝いに親しい仲で贈りたい商品券の種類

スポンサーリンク

内祝いとしてはもちろん、結婚祝いに金券や商品券を贈るケースが若い世代で増えています。
不作法など、失礼にあたる心配な声も聞かれる中、貰うと嬉しいという本音が見て取れるアンケート結果もあるほどです。
商品券などの金券は、券面に記載されている金額分だけ、自由に欲しい品物が選べるカタログギフトの役割も担っています。
結婚祝いとして贈る側には金額が丸分かりする面で、相手側に失礼にあたる心配も挙げられていますが、年齢や双方の関係性などを考慮することで喜ばれる贈り物に変化させられます。
商品券やギフトカードも種類は豊かで、もちろん、お酒を嗜む夫婦にはビール券なども提供されています。
カタログギフトとして、商品券がブライダル向けに提供されているほどです。
結婚祝いとしながらも、返礼の金額が分かる懸念も、カタログ式ならばオブラートに包めるのも利点です。
結婚祝いの相場や平均予算などは、御祝儀と同じく、関係が近いほどに高額ですが、世間一般的には5千円以上1万円以下の金額を贈るケースが多い傾向です。

スポンサーリンク

御祝儀の相場は3万円程度であるため、その3分の1から半額程度の結婚祝いを考えている方は少なくない傾向です。
商品券は相手が何を欲しいか分からない場合にも価格ごとのカタログギフト同様、賢く贈ることができます。
結婚祝いでは、割り切れる偶数や4・6・9などの数字は避けることもマナーで、商品券も同じく種類によっては金額の数字に配慮することが大事です。
こうした数ある種類の中でも、目上の方や同僚などにも贈ることができるのは百貨店やショッピングモールで使える商品券です。
旅行代理店でも購入できたり、新婚旅行時にも利用できる種類もあります。
結婚祝いでは、生活用品を揃えてもらいたい気持ちもあり、様々な物を購入できると人気です。
その他の種類には、コンビニや書店などで使えるカードタイプの商品券も持ち運びの面からも支持されています。
若い夫婦にはダウンロードできる商品券も魅力的で、贈り方もメールや印刷、グリーティングやマルチパックなどの種類があります。
額面も自由に決められるため、気兼ねない関係では贈る側としても利点となります。
音楽や映画など、夫婦共通の趣味などに使えるなど、様々な種類から選べるため話題です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

結婚祝いの商品券の金額は、年齢や関係性によって違います
結婚祝いのマナーについてです。
結婚祝いに商品券を贈る場合の相場について
結婚祝いのマナーについてです。
結婚祝いの商品券の送り方にもマナーがあります
結婚祝いのマナーについてです。
結婚祝いに商品券を贈るときの「のし」は
結婚祝いのマナーについてです。
結婚祝いで商品券郵送を実施する時の注意
結婚祝いのマナーについてです。