結婚祝い 金額 親

親からの結婚祝いの金額の相場について

スポンサーリンク

 親からの結婚祝いについては、結婚式のご祝儀という意味合いと、結婚式にかかる費用の援助という2つの意味合いが存在します。
後者の結婚式の費用を援助する場合には、式の当日にご祝儀として結婚祝い金を渡すことは通常ありません。
 親から子供に贈る結婚祝いの金額の相場については、それぞれの環境によって異なりますので、はっきりとした金額はないのですが、アンケートによるとそれぞれの親から100万円渡すというケースが多いという結果が出ています。
 前述しましたように、披露宴代など子供の結婚式の費用を親が援助する場合には、親から子供へのご祝儀は不要です。
何も費用を援助していない場合には、親がご祝儀を包むようになるのですが、それぞれのご家庭の事情によって、親から贈る結婚祝いの金額は10万円〜100万円の間の金額となっています。
なお、親から子供へ結婚祝いのご祝儀を渡す場合には、式の当日ではなく挙式の日までに渡すのがマナーとなっています。
 スポンサーリンク

 結婚祝いの金額の相場についてご紹介します。
結婚祝いのご祝儀の金額については、友人や同僚など一般招待客の場合には、2万円〜3万円が相場となります。
しかし、金額に関しては、新郎新婦との付き合いの深さやご自身の年齢、社会的な地位などによって左右されます。
 兄弟・姉妹の場合には、10万円がご祝儀の相場であり、甥・姪の場合には5万円、いとこの場合には3万円〜5万円、そのほかの親戚の場合には、3万円〜5万円が相場となっていますが、血縁関係の場合でも日頃の付き合いの深さによって金額は異なってきます。
 ひと昔前までは結婚祝いには、割り切れる偶数は縁起が良くないとしてマナー違反とされていました。
しかし最近では、偶数でも2は「ペア」を意味する数字として、2万円包む方も多くなっています。
ちなみに、結婚のご祝儀に包む紙幣については、新札を用意するようにします。
夫婦となって新たな人生をスタートさせる門出の日には、誰も使っていない新札を準備して祝うのがマナーとなっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加