結婚祝い 金額 部下

部下の挙式に贈る結婚祝いの内容や金額について

スポンサーリンク

 結婚祝いは新しい生活を営む夫婦の門出を祝うための贈り物なので、受け取った相手が喜ぶ物や生活に役立つものを選ぶことが重要になります。
また、相手が気兼ねしないように金額にも気を配るのが結婚祝いを贈る際の社会的なマナーです。
職場の部下へ結婚祝いを贈る場合は内容と金額には細心の注意を払う必要があります。
上司と部下の関係は結婚祝いを受け取る側に余計な気遣いを持たせてしまう原因の一つなので、相手が気兼ねせず安心して受け取ることが出来る物を選ぶのが上司の務めです。
また、金額に関しても相手の返礼を考慮して極端に高額な物は避けます。
一般的に結婚祝いにかける金額は挙式の内容に比例して大きくなりますが、贈る相手が直属の部下であった場合は平均的な相場よりもやや高めの物を選ぶのが通例になっています。
贈り物の内容も社会的な慣習や上司と部下の関係を踏まえながら、実生活に役立つ物を優先するのが受け取った側に満足してもらうための気配りです。

スポンサーリンク

結婚祝いを受け取った側は返礼を行うのが社会的な儀礼ですが、その一方で金銭的な負担が大きくなりやすい問題もあります。
そのため、場合によっては返礼は無用であることを相手に伝えることも大切です。
結婚祝いを贈った相手が直属の部下だった場合は直接伝えることが可能ですが、自身の下に就いていない部下の場合は挨拶状を添えて意思表示を行うのがマナーです。
贈り物の金額についても、直接の部下でない場合は一般的な相場に準じるのが普通ですが、金額の多少は贈り物の品質に正比例するとは限らないので注意します。
特にギフトセットを扱う専門業者を利用する場合、同じ内容でも業者によって金額が大きく異なるケースもあるので必ず複数の業者を比較することが大切です。
結婚祝いは夫婦の新生活を祝福していることを示す贈り物なので、受け取った側が意思をくみ取ることが出来る内容の物を選ぶことを心がけます。
そのため、金額だけで安易に即決せず、自身の目で内容をよく確認するのが適切に贈り物を選ぶための心得です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加