10万円の結婚祝いを頂いた時のお返しについて

スポンサーリンク

結婚という嬉しい人生の門出に、 多くの方が夫婦の幸せなこれからを祈り、その喜びを結婚祝いという形で送ります。
友人からのちょっとしたプレゼントや、結婚式でのご祝儀など様々な形でお祝いが新婚夫婦には届きます。
友人の間では結婚式に出席した場合はご祝儀として2〜3万円、お祝いだけ送る場合は1万円程度と言われています。
親しい親類や兄弟など仲の良い間柄だとこれからの二人の生活を思って、10万円もの高額なお祝いをしてくれることがあります。
何かとお金が必要になる新婚生活ですので、高額な結婚祝いはとても喜ばれます。
結婚祝いをもらったら、内祝いとしてお返しをするのが習わしです。
内祝いは結婚祝いで頂いた額の半額程度を送ることがマナーと言われています。
しかし、高額な結婚祝いを頂いた時新婚夫婦は嬉しい反面驚いてしまい、どうお返しをしていいか困ってしまうことがあります。
10万円の内祝いなので半額の5万円程度をお返しするのがマナーではありますが、ではいったいどのようなものを内祝いで送ると良いのでしょうか。

スポンサーリンク

10万円という高額な結婚祝いを頂いた場合、まずはお礼の連絡をいれるのが当然のマナーです。
 それと同時に、両親にも10万円のお祝いを頂いたことを連絡しましょう。
10万円ものお祝いを包んでくださる方は親戚や兄弟、両親が懇意にされている方の場合が多いので失礼の無いように必ず両親に報告しましょう。
また、両親に報告するときにどんなものをお返しするといいのか相談するといいです。
両親ならその方の好みがわかるので、それに沿ったお返しをすると先方にも喜ばれることでしょう。
10万円のお祝いを頂いた場合、お返しは5万円程度のものとされています。
5万円の品物は、品物としては高額なので選ぶのが難しく感じる場合があります。
失礼の無い様に商品券をお返しとして贈る方もいます。
また、結婚祝いとして10万円頂いたということをデパートで相談すると、その額に応じた内祝いのカタログを紹介してくれます。
お祝いを贈ってくれた方の趣味や好みがわからない場合でもカタログや商品券ならば好きなものを選んでもらえるので安心です。
商品券やカタログを贈る際、ちょっとした、お茶菓子などのギフトをつけるとなお喜ばれるのでおすすめします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加