結婚祝いのお返しは半返しが主流

スポンサーリンク

結婚祝いをもらうと嬉しい半面、お返しはどうしようと悩む人も少なくありません。
相手との関係性も踏まえた上で、失礼のないようなものを選ばなくてはならないので、かえって億劫に感じてしまう人もいます。
もちろん、これはマナーなので、きちんとお返しをしましょう。
一般的には、半返しが主流となっています。
半返しというのは、もらった品の半分程度の価格ものを返すということです。
しかし、もらった品がいくら相当なのか知ることは難しく、ある程度は自身の価値観で選ぶこともあります。
例えば、有名ブランドの食器セットをもらった場合、これはインターネットを使っておおよその価格を知ることは可能です。
1万円相当なら、5000円相当の品を返すことになります。
このように、結婚祝いをもらった後は半返しの品を選んでいきましょう。
ただし、結婚祝いをもらってすぐに半返しをするのは失礼にあたります。
多少は期間を置きましょう。
また、結婚祝いの半返しの品は、宅配便で送ることが多くなっています。
この時にはお礼の手紙も添えましょう。

スポンサーリンク

結婚祝いの半返しの品が思いつかない時には、金額から選択できるようなサイトを見てみるといいかもしれません。
例えば、5000円相当の品を返すのなら、5000円のギフト商品が載っているサイトを調べてみればいいのです。
それから、結婚祝いの半返しの品を特集しているサイトもたくさんあります。
結婚祝いの半返しの品として人気のあるものを選びましょう。
相手の置かれている環境を考えてみることも大切です。
もし、相手に小さなお子さんが居るのなら、お子さんが使えるような品を選ぶと喜ばれます。
もちろん、縁起物としてあまり良くない品は送らないようにしましょう。
よく結婚のお祝いで別れを想像できるようなものは贈ってはいけないと言われるように、お返しの品も同様のことが言えます。
包丁などは避けましょう。
できれば、相手が欲しがっているものをお返した方が喜ばれます。
親しい関係なら、以前、何かの話で欲しいと言っていたものを選択するといいかもしれません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加