結婚祝いのお返しに職場に持ち寄りたいお菓子

スポンサーリンク

職場の同僚や部下の結婚が決まったら、結婚祝いを贈るのはマナーですが、職場での関係性によって品物選びも大事です。
男性目線も含め、思い出を写すデジタルカメラやペアの食事券なども近年人気の結婚祝いの品物です。
決まった慣例で、会社全体からの祝金をはじめ、部署共助会や個人有志の品物など、結婚祝いを頂くケースは多く、お返しは新婚旅行のお土産と組み合わせることが挙げられています。
結婚祝いを頂いた相手を結婚式に招待できなかった場合、お礼の意味を添えた内祝いを贈ることもマナーです。
また、仲人役などを担った上司には新居に招くこともポイントですし、お返しを不要と言われることもありますが、手書きによるお礼状を出すことは人としてのマナーです。
また、結婚祝いを頂いたお返しには、実用品や消える物を選択します。
お菓子などの食べ物や、使って消費できる物がベターです。
また、頂く結婚祝いの金額は職場の同僚や上司などによって様々ですが、お返しの全国的な相場は同僚や部下、連名の場合には3分の1から半額、上司や目上の方へは3分の1が相場です。

スポンサーリンク

職場の女性に対し、結婚祝いのお返しにお菓子は好評です。
職場全体へは新婚旅行でのお土産にお菓子を選ぶケースが多いものの、甘いものが苦手な男性も少なくありません。
職場でも様々な人から結婚祝いを頂くため、お返しはまとめて選ぶ方が楽ですが、好みに合わせて内容を変えることも大事です。
例えば、職場の上司や先輩には銘茶や和菓子、気兼ねない同僚には珈琲や焼き菓子などが人気です。
今でも鶴や亀、松竹梅など、おめでたいモチーフや素材、縁起のいい名前のお菓子が老舗店では取り扱われており、目上の方へ重宝されています。
お菓子の中でもお返しに喜ばれるのが、年輪のように見えるバームクーヘンです。
2人の幸せが年輪のように続く意味があるため評価されています。
また、お菓子は大きめのサイズは個人向けのお返しに、個袋で箱入りのお菓子は複数人で食べてもらうことができるため、チェック点です。
抹茶など、甘さが抑えられているお菓子でもあり、焼き印によるメッセージも付帯できるお返しとしても支持されています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加