結婚祝い プレゼント 5000円

5000円以内で結婚祝いのプレゼントをおくる場合に

スポンサーリンク

 結婚祝いのプレゼントを贈る場合には、気を付けておくべきこともあるため、事前にマナーを調べ相手に不快なおもいをさせないように気を付けましょう。
まず結婚祝いとは結婚が決まった2人に祝福の気持ちを込めて贈るプレゼントのことで、一般的にはキッチン用品や家電などを贈るケースが多いですが、現金やギフト券を贈るケースも少なくありません。
また結婚祝いのプレゼントの金額の相場は、ご祝儀と同じく関係が近い人ほど高額になります。
相手との関係性が親なら50000〜、兄弟や親戚なら30000〜50000円程度とされていて、友人や同僚なら連名で5000円程度出し合ってプレゼントを贈るケースもあります。
連名ならばひとり5000円程度の出費でも高額なものを購入することが可能なので、相手がもらってうれしいような高額な家電をおくると喜ばれるようです。
ただしただ高額なものを贈ればいいというものではありません、5000円ほどの品物でも十分相手に喜んでもらえるものはたくさんあります。
結婚祝いのプレゼントをおくる場合にはマナーも重要ですが、前提としてお祝いの気持ちがあることが重要となるので、相手に不快な思いをさせないように注意しましょう。

スポンサーリンク

結婚祝いのプレゼントを贈る場合には、プレゼントを贈る時期や金額の相場、贈ってはいけないものなどのさまざまなマナーが存在するため、事前にきちんと調べてマナー違反がないように気を付けましょう。
結婚祝いの金額の相場としては、相手との関係性によって変わってきます。
親なら50000〜、兄弟や親戚なら30000〜50000程度、友人や同僚なら10000〜30000円程度が一般的とされています。
友人や同僚が相手の場合には、連名でひとり3000〜5000円程度出し合って結婚祝いをおくる場合もあります。
あまり高額すぎるものを贈るとかえって気を使わせてしまうこともあるので気を付けましょう。
ただし高額なものを渡せばいいというものでもなく、たとえば5000円程度でも十分喜んでもらえるものはあります。
5000円で喜んでもらえるものとしては、北欧系キッチン用品、コーヒーメーカー、ティーカップ・グラスやお皿、タオルなどがあげられます。
これらの商品ならば5000円程度で購入することができますし、結婚新生活にはお金がかかるので、新しいキッチン用品をおくると喜ばれる傾向があり、贈る側も贈られる側もそれほど重たく感じることはありません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加