結婚祝い お返し いつまで

結婚祝いのお返しはいつまでにすれば良いのでしょうか

スポンサーリンク

 結婚の報告をすると、親族や友人、知人、職場の仲間など多くの方から結婚祝いをいただく機会があります。
結婚祝いをいただくと、必要になるのが結婚祝いのお返しで、いつまでに返せば良いのか悩む方も少なくありません。
結婚式や披露宴を行う場合は、そこに参列される方にはその場でお返しをすることができますが、難しいのは結婚式や披露宴を行わない場合や、その場に出席予定のない方へのお返しです。
結婚式や披露宴行う場合で、そこに出席されない方へは、終わってから遅くならないタイミングを目安にしましょう。
必ずいつまでにというものはありませんが、可能であれば二週間くらい、遅くても一ヶ月程度を目安にすると良いです。
続いて、結婚式や披露宴を行わない場合は、婚姻届を提出してから速やかにお返しをするようにしましょう。
この場合もいつまでということはありませんが、新婚旅行や引越しなどが伴わない場合には比較的早いうちから準備が可能ですので、一週間から二週間程度を目安にすると良いです。

スポンサーリンク

結婚式や披露宴の有無に関わらず、新婚旅行や結婚に伴う引越しがある場合には、それらが落ち着いてからのタイミングで問題ありません。
新婚旅行や引越しが一ヶ月や二ヶ月後になるのであれば、それまで待たずに事前にお返しをした方が良いケースもありますが、いつまでが期限ということはありません。
結婚祝いをいただく場合は、結婚式や披露宴、入籍日まで長い時間が空くケースがあります。
結婚祝いを贈る側もいつまでということはありませんので、中には早く贈ってくださる方もいらっしゃいますし、入籍日以降になる方もいらっしゃいます。
結婚祝いなどは贈る方の気持ちですので、結婚祝いのお返しもこちらの気持ちが伝わればいつまでということは重要ではありません。
ここに挙げたものはひとつの目安として、いつまでに返さなければならないと考える必要はありません。
都合によりお返しが遅くなってしまう場合には、一言添える工夫や、近隣の方であればあいさつを兼ねて持参することで良い印象を与えることができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加