結婚祝い お返し 文例

結婚祝いのお返しを贈る際の文例について

スポンサーリンク

 結婚祝いのお返しに挨拶状を用意する場合には、相手との関係性によってふさわしい言葉遣いが変わってきます。
相手によってふさわしい言葉を使うように気を付けましょう。
具体的な文例としてはさまざまなものがありますが、まず相手が目上の方の場合の文例としては謹啓や厳寒、向春などの季節によって使い分ける言葉を使い、(相手の名前)様におかれましてはご清祥のこととお慶び申し上げますなどと書きます。
親戚の場合の文例としてはまず拝啓と書き、時候の挨拶などを添え結婚祝いの言葉をかきます。
それから結婚祝いのお返しの挨拶状の内容の文例としては、前半にお礼や報告を書き、後半には近況や今後のお願いなどを書くのが一般的な文例とされています。
最後に忘れずに、結びの言葉、名前、住所や連絡先を書きましょう。
結婚祝いのお返しの挨拶状の文例は相手との関係性により、ふさわしい言葉遣いが変わってくるため、特に目上の方に贈る場合などには失礼がないように気を付けましょう。

スポンサーリンク

結婚祝いのお返しのお礼状は、一般的には結婚式や披露宴の出欠席に関わらず、結婚祝いをいただいたすべての方に出すのがマナーとされています。
ただし、目上の方や親戚や友人など結婚祝いのお返しのお礼状は、出す相手との関係性によって文面が変わってくるため、事前に文例をきちんと調べ、マナー違反がないように、結婚祝いのお返しのお礼状を送りましょう。
まずお返しのお礼状を送るタイミングとしては挙式後、または新婚旅行から帰ってきてすぐに出すことがマナーとされており、品物とお礼状を別に送る場合には品物よりもお礼状が先に届くようにしましょう。
またお礼状には必ずお祝いへのお礼、内祝いの品物を送ったことを伝える言葉、今後のお付き合いをお願いする言葉をかきましょう。
それから目上の方にお礼状を出す場合には手書きの封書が最適とされています。
特に注意すべき点をあげましたが、ほかにも忌み言葉や重ね言葉はふさわしくないなどのマナーが存在するため、事前に正しい文例を調べて相手に不快な思いをさせないように気を付けましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加