結婚祝いのお返しの平均的な金額

スポンサーリンク

一般的に結婚祝いのお返しの相場金額としては、もらった金額を基準にして考えられています。
内祝いとしてお返しするにあたり、もらった商品の額をそのまま還す事は失礼に当たる為、避けましょう。
一般的な金額としては、もらった商品の額をチェックし、半額から三分の一程度が妥当です。
結婚祝いのお返しとして差し上げるものとして多いのが、カタログギフトといえます。
どんな商品をも貰った人が選べる為、利用する金額に応じた結婚祝いのお返しができるでしょう。
もらった人の間でも好評で、利用しやすいからと、自分達の結婚祝いのお返しとしても利用する人が増えてきました。
それ以外では、内祝いとして、もらった方の心にあまり重荷にならないものを送ることが習慣とされています。
例としては、お菓子やタオルといった日用品を用意していることが多く、どちらも種類によっては大変金額の張る物も少なくありません。
贈る品質や産地も多様性があり、内祝いの贈り物としてよく選ばれる品物です。

スポンサーリンク

結婚祝いのお返しを贈る時期としては、一般的に結婚式を挙げてから1ヶ月以内といわれています。
お礼はお礼状だけでなく、電話で返すと更に効果的で、先方への失礼にならないことが大切です。
相手に直接結婚祝いのお返しを届ける場合もありますが、遠方で、訪れるには金額がかさんでしまう場合や、多忙で都合がつかない場合は宅配で送ることも可能といえます。
内祝いと一緒に礼状を添えることも許されていますが、前もって電話でその旨を伝えておくと、先方に喜んでもらえるでしょう。
結婚祝いの礼状としては、お祝いをもらったお礼と、些少の金額ではあるけれどお返しを送ること、これからもよろしくお願いしますと伝えることが大切です。
相手に喜んでもらうことが大切なので、あらかじめ親しい人に対して電話で御礼を伝えてから送ることが何より大切といえます。
御礼を伝えてから更にお礼状を内祝いと一緒に贈る形になりますが、略式の礼状よりもよりいっそう礼節を重んじていると喜んでもらえます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加