友人への結婚祝いとしての言葉を一言

スポンサーリンク

親しい友人が、結婚式をあげるときなどに一言だけでも結婚祝いの言葉を添えたいと思っている方は多いはずです。
それでは、実際にどのような結婚祝いに関する言葉が、喜ばれているのでしょうか。
一言、結婚祝いとして贈りたい言葉に関して、ご紹介します。
その一言を贈る側としての立場にもよりますので、自分がどのような立場から、贈りたいと思っているのか、その点も併せて参考にしてみましょう。
まずは、友人として、新郎新婦へ贈るとしたなら、新しく構える新居へ伺いたいという気持ちをダイレクトに表現するくらいでちょうど良いかもしれません。
新郎側の友人としても、新婦側の友人としても、末長いおつきあいを気軽に楽しみたいと思っている気持ちを是非、言葉にして表現してみてください。
結婚祝いでの一言ですので、カジュアルにそして友人としての気軽さも、ここでは役立つ要素となるはずです。
この時のキーワードとしては、笑顔やハッピーなどの言葉が好ましいものとなっています。

スポンサーリンク

次に、先輩として、または上司としての立場から、贈るとしたなら、末長く身近な立場で見守りますといった内容が、大きな安心感を新郎と新婦へ与えられると思います。
結婚祝いの言葉とは言っても、仕事上の関係・立場では、カジュアルな印象よりも、フォーマルな一言の方が、安心感と安らぎを贈れるメッセージ性がありますので、公の立場そして、関係性を重要視しながら、見守り、応援するよといった内容が最適かと思われます。
ここでは、新郎新婦が築き上げる家庭が重要なキーフレーズの候補となっています。
経済面での支援や、会社での仕事面でのサポートを考慮し、家庭を築く二人にとって、頼れる立場にあるということも伝えられる良い機会となるでしょう。
このように、立場関係を重要項目として、結婚祝いの言葉と一言を選びたいところです。
参考になるメッセージの例文が、多く掲載されている書籍なども参考にしながら、最高の言葉を選びましょう。
喜びを伝えられる結婚祝いの一言に関するご紹介でした。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加