結婚祝いの言葉で短い英語の活用方法

スポンサーリンク

結婚は2人が新たな門出となる出発点であり、多くの人がお祝いを行います。
特に結婚式などは多くの親類や友人に知人などがあつまり、心から2人をお祝いすることができます。
そんな時に結婚祝いの言葉を伝える場合がありますが、その時に英語を活用する方法があります。
英語で結婚祝いの言葉を伝える行為は、親しい友人同士であればおしゃれで素敵な贈りものになります。
そのため伝える英語は長文などは避けて、短く誰が聞いても分かる英語を活用すると良いです。
結婚祝いの言葉として利用できる英語は、インターネットなどで検索するとすぐに例文などが見つけられます。
それらを参考に、結婚祝いの言葉として利用すると良いです。
活用する方法ですが、一般的ですが、ウェルカムボードなどがあります。
英語で書かれたボードはおしゃれなだけでなく、心から2人の結婚祝いの言葉だと伝わります。
それ以外の方法としては、プレゼントとしてメッセージカードを贈る際に、英文を活用するなどがあります。

スポンサーリンク

会社の同僚だけでなく学生時代からの友人などが結婚する場合、多くの人が結婚式に参列して結婚祝いの言葉を伝えることがあります。
その時には自分の思っているままのお祝いの言葉を伝える事で、2人はとても喜んでくれます。
また結婚する2人の関係が自分と親密であればある程、時にはスピーチなどを頼まれることがあります。
では実際にスピーチを行う際の方法として、1つ工夫をするとより結婚祝いの言葉を盛り上げることが出来ます。
その方法として、スピーチの最後を英語で締めくくるという活用方法です。
スピーチは基本的に日本語で伝えることになり、新郎新婦に対して心から祝福した言葉を伝えます。
結婚式でのスピーチは一般的に3分から5分程度になります。
その限られた時間の中でお祝いの言葉を含めつつ、式を盛り上げる演出をするとより印象に残ります。
スピーチ事態を締めることができ盛り上げる効果もあるのが、最後に英語で伝えるという点です。
英語事態がかっこよく聞こえるだけでなく、おしゃれになるので盛り上げる効果が期待できます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加