結婚祝いには一言メッセージを入れよう

スポンサーリンク

結婚祝いを贈る場合、一言メッセージを入れることがマナーです。
もちろん、相手にもよります。
自分より年上の人などには一言メッセージを添えた方が礼儀として最適です。
この場合、あまり長々しいものではなく、メッセージカード程度にしておきましょう。
結婚祝いなので「ご結婚おめでとうございます」の一言メッセージだけでも構いません。
特に、宅配便などでいきなり物を贈るとなるとぶしつけなので、このようなメッセージを入れた方が無難です。
まず、結婚祝いの品を選びます。
その品に合わせた一言がお勧めです。
例えば、結婚祝いの品が食器セットだった場合、相手が好きなブランドの食器をプレゼントしましょう。
「好きな食器を見つけたので贈ります」というような一言を添えれば、相手にも伝わりやすいはずです。
また、いきなり宅配便で贈る場合には、なぜ結婚のことを知ったのか、相手に不審がられないような文章を添えた方がいいかもしれません。
「共通の友人に聞いたので」といったことを添えましょう。

スポンサーリンク

それから、結婚祝いの品を相手からねだられた場合、これもまたメッセージの一言は違ってきます。
品をねだられるくらいの関係性なので、一言メッセージももっと簡単にしましょう。
また、くだけた文章でも構いません。
相手との関係性が重要と言えます。
他に注意点としては、結婚祝いの品の取り扱いが難しい場合です。
説明書がついていることもありますが、念のため、使用方法などを添えておきましょう。
その方が丁寧です。
また、一言、電話やメールで事前に連絡しておくとさらに安心です。
というのも、結婚祝いの品は宅配便で贈る人が多くなっているからです。
不在時にナマモノが届いてしまっては困ります。
そんな時のためにも、品によっては事前に連絡しておいた方が丁寧です。
あとは、結婚式に行けなかった人の場合、結婚式で伝えられなかった一言をメッセージに託すことをお勧めします。
特に、なかなか会えない人は多少の長文でもいいかもしれません。
丁寧に書きましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加