お世話になった先生に結婚祝いのメッセージを贈る際のポイント

スポンサーリンク

普段親しくしている方やお世話になっている方に結婚祝いのメッセージを贈る場合、大抵の方がどのような形でどのような文章にすればよいのか迷うものです。
ましてや、それが普段お世話になっている先生への結婚祝いメッセージとなるとなおさら失敗できないというプレッシャーを感じる方も多いのではないでしょうか。
先生や上司など自分から見て目上の方に結婚祝いのメッセージを贈る場合に基本として押さえておきたいポイントは、まず砕けすぎた表現は控えるという点です。
普段から親しくしている先生でも、結婚祝いとなるとお相手の方の目にも触れる可能性が十分考えられます。
だから、新郎新婦が不快になるような砕けた表現は避けて無難な表現でお祝いの気持ちを表現するのがベストです。
あとは結婚祝いということを前提とした文章なので、切れる・別れる・離れるなどといった縁起がよくない表現も避けましょう。
それを念頭に置いて先生との思い出話など、心に残っているエピソードなどを盛り込むと一味違った自分だけのメッセージに仕上がります。

スポンサーリンク

先生への結婚祝いのメッセージを贈る手段として、関係者全員で寄せ書きをプレゼントするという方法があります。
しかし色々な方からメッセージを贈る寄せ書きは沢山の方が関わっている場合、色紙などを回す手間がかかるなど何かと大変です。
そこでおすすめなのがオンライン寄せ書きという手段です。
オンライン寄せ書きを使えば、先生にお世話になっている関係者全員にURLさえ連絡しておけば、スマートフォンからでもメッセージを登録する事ができるので、大勢の方から簡単に結婚祝いのメッセージをもらうことができます。
できた寄せ書きは先生にURLを教えて見てもらえるのはもちろん、実際の結婚披露宴の会場に送付することも可能です。
他にもオンラインでオリジナルカードを簡単に作って送れるサービスもあります。
このように、複数名で先生に結婚祝いのメッセージが贈りたい場合はオンラインサービスを使うとスムーズに作れて、しかも仕上がりもキレイにできるのでおすすめです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加