結婚祝い

結婚祝い 商品券 金額 相場 送り方 のし 種類 郵送記事一覧

 結婚祝いに贈る商品券は、現金を贈る金額と同等の金額にすると良いです。基本的に商品券は用途が限られますが、結婚祝いなどのお祝いごとに贈る場合に現金と同じように考えられるので、現金と同じ金額でも問題はないです。ただし、商品券の金額に対して購入時には若干、購入金額を抑えることが出来るので、その分を上乗せすることも可能なので、場合によって現金よりも高額にすることも出来ます。また、結婚祝いに商品券を贈る場...

 招待された結婚式をさまざまな理由で欠席する場合には、新郎新婦に前もって結婚祝いの品物を贈るケースが多いようです。結婚祝いを贈る場合には金額の相場や贈ってはいけないもの、贈る時期など様々なマナーが存在するため、あらかじめマナーについての情報を調べて相手に不快な思いをさせないように気を付けましょう。最近では結婚祝いに品物ではなく現金や商品券などを贈るケースも多いようです。現金や商品券を結婚祝いとして...

結婚祝いで商品券の送り方は、現金と同じく、包み袋を用いて送るのが最適です。包み袋に関しても水引がある場合には、上部に結婚祝いの記載と下部に氏名をフルネームにて書きます。さらに商品券を入れる封筒に関しても氏名や住所、金額を記入し、金額に関しては漢数字を用いて記入します。また、手渡しにて送る場合には、送り方として冠婚葬祭に使用する風呂敷などを用いて持ち運び、実際に送る時に風呂敷を外して送ります。渡し方...

本来、結婚祝いの品には、「割れる・壊れる」をイメージさせる食器類や、縁を「切る」ハサミや刃物類はタブーとされています。しかし昨今では、食器類も選ばれることが多く、相手に喜んでもらえるものであれば気にしないのが一般的です。食器や調理器具類、またはインテリア雑貨などは、新生活に必要なものであり、結婚祝いとして貰えるとありがたいものではあります。ですが、もし新居の雰囲気に合わなかったり、趣味に合うもので...

内祝いとしてはもちろん、結婚祝いに金券や商品券を贈るケースが若い世代で増えています。不作法など、失礼にあたる心配な声も聞かれる中、貰うと嬉しいという本音が見て取れるアンケート結果もあるほどです。商品券などの金券は、券面に記載されている金額分だけ、自由に欲しい品物が選べるカタログギフトの役割も担っています。結婚祝いとして贈る側には金額が丸分かりする面で、相手側に失礼にあたる心配も挙げられていますが、...

結婚祝いで商品券郵送を実施する場合、送り先を誤らないように気を付けないといけないです。もしも贈り先を誤ってしまうと感謝の気持ちを伝える事ができなくなってしまいます。そうなると今後の関係に悪い影響を及ぼす恐れがあるので、結婚祝いの商品券郵送を実施する時は、送り先を間違わないように注意です。予め商品券郵送を実施する送り先の住所を確認しておけば、間違ってしまう心配もありません。どうしても確認する事ができ...